Home > EVENT Archive

EVENT Archive

イベント開催中止のお知らせ

いつも、SHIBUYA GIRLS POPにご協力、
応援してくださっているみなさま、
本当にありがとうございます!

本日は、大切なお知らせがあります。

告知しておりましたイベント、

「CURTAIN CALL vol.2 + GIRLS POP ATRIUM」
日時:6/12(土)〜 6/20(日)
場所:渋谷センター街大盛堂書店3Fイベントスペースにて
http://www.shibuyagirlspop.com/2010/03/curtain-call-vol2-girls-pop-atrium.html

ですが、
諸事情により、開催を中止とさせていただきます。
協力を仰いでいた方々、開催を楽しみにしていただいてた方々に、
大変なご迷惑をおかけしましたこと、ここにお詫びいたします。

これは現在、SHIBUYA GIRLS POPが海外よりアプローチを受けており、
その動きの対応に尽力しようという、事情によります。

SHIBUYA GIRLS POPは善意による、
少数スタッフで運営されております。
現実的に、ここでイベントに力を割くより、全体を根本から見直して、
整備し直し、内部の充実やコンテンツの充実、
国内外のプロモーションなどを行おうと考えております。
もちろん、状況は常に変化し続けておりますので、
柔軟に対応していくつもりです。

・・・一見、残念なお知らせのようですが、
実は、とても前向きな、ポジティブなお知らせなのでした!

イベントを中止にするだけの成果はもたらそう!そう考えております。
これからの具体的な動きは、随時、
このHPにてお知らせさせていただきます。

今後も、SHIBUYA GIRLS POPを、どうぞよろしくお願いいたします。

主宰 加藤 和裕


サロメの唇 mini live at 渋谷センター街

サロメの唇「サルビアをわたしに」PV

というワケで、これは必然の流れなのではないでしょうか!?
決定しました!!!

大盛堂書店さん(特に吉田さん)のご尽力により、
サロメの唇が、休日の昼下がりの渋谷センター街で、
ミニ・ライブを行います!!!
超・衝撃(笑)!!!

現時点で決定している内容は以下になります。

SHIBUYA GIRLS POP presents
サロメの唇 mini Live at 渋谷センター街(大盛堂書店)

3月28日(日)渋谷センター街(大盛堂書店店頭)にて
14:00~
16:00~

※関連CD、関連書籍の販売を予定しています。
※バンドによるフルセットではありませんのでご了承ください。

これは・・・あまりにも楽しすぎる企画ですよね〜!!!
渋谷センター街に、サロメの唇による、
濃厚な昭和歌謡が鳴り響いてしまう、という(笑)。
考えただけでも、ぞくぞくします。

このシュールで、悪戯心に溢れた時間を、
一緒に過ごしませんか?
お待ちしております!!!

さらに詳細が決まりましたら、情報をアップします。
どうぞ、ご期待ください!

■ サロメの唇 Live情報

サロメの唇&ザ・サイクロンズ合同レコ発!2マン決定!
サロメの唇 ニューアルバム『恋と愛と恋愛について』
レコ発ツアー IN 新宿~Part2~

日程:3月21日(日)
場所:新宿 JAM
時間:OPEN 18:30 START 19:00
料金:前売 2,000円 当日 2,500円

ネット予約先着20名に『サルビアをわたしに』のPV収録DVD-Rを
プレゼント!
先着特典付きチケットの予約はこちら→info@salome-lips.com

http://www.salome-lips.com/


CURTAIN CALL vol.2 + GIRLS POP ATRIUM

みなさま、お元気でしょうか?
そろそろお花見の季節ですね。

ボクの個人Twitterではすでに告知済みなのですが、

昨年の開催もとても好評でした「CURTAIN CALL」の、
2ndシーズン・バージョン開催が決定しました!!!

「CURTAIN CALL vol.2」
日時:6/12(土)〜 6/20(日)
場所:渋谷センター街大盛堂書店3Fイベントスペースにて

SHIBUYA GIRLS POPの、一年間の成果を皆さんにお見せする、
展示 & イベントです。

さらに今回は、女の子向けのグッズショップ、
つまり、

「GIRLS POP ATRIUM」
http://www.shibuyagirlspop.com/gpa/

も同時展開いたします!!!
今度は場所を渋谷に移しての限定営業になります!
お待たせしました、と言っていいのでしょうか(笑)。

まだまだ・・・アウトラインが決まったばかりですので、
詳細は随時ご報告させてください。
よろしくお願いします。

本当に、大変なことになってまいりました!
関係者の方々・・・心の準備をお願いします(笑)!!!


サロメの唇 mini live at 渋谷センター街 終了!

本日はかなり寒い一日でしたが、
わざわざお越しいただいたみなさま、
本当にありがとうございました!

それと・・・たまたま通りかかって足を止めていただいたお客様、
本当にありがとうございました!
ボクたちが直接ポストカードを配ってましたので、
このHPにアクセスしてくださってるかたもいるかも知れませんね。

「サロメの唇 mini live at 渋谷センター街」は、
盛況のうちに、無事に終了いたしました!

センター街に、ディープな昭和歌謡が鳴り響き、
かなりシュールな光景でした・・・(笑)。

ですが・・・往年のシンガーが、ではなく、
麗しの「サロメの唇」、
橘 京子さんが、華やかに歌う、
というところが、きちんと「POP」に着地していて、
すんなり受け入れてもらえた最大のポイントになったと思います。

シュールではありましたが、心地良い部分は全く変わらず、
ギャルさんたちからご年配の方まで、
幅広く、楽しんでもらえたと思います。
GIRLS POP ATRIUMでもその感じを目指していたワケですから、
これは、とても嬉しかったですね。
当然ですが、自己満足に終わってしまっては
何の意味もないですから・・・。

イベントでも、哲学はキープです。
キープさせます(笑)!
革命!とまではいかなくとも(笑)!

それと、立ち止まって凝視している外人さんが多かったです。
こういうエキゾチックなムードはたまらないのでしょう(笑)。

最近は、渋谷が渋谷らしくなくなってるのではないか?
と密かに囁かれていますが・・・
それでも愛着のあるボクは、
そこで、ちょっと濃いことをやってみたい、
と思っていたのでした。

それは・・・ボクたちなりの規模で、
ということなのでしょうけれど。

意味は、行動の後に考える(笑)。
踏み出すために!

何はともあれ、明言していませんでしたが、
一歩間違えると、書類送検のリスクがあったのですが
(大盛堂・吉田さんがビクビクしてました・笑)、
逮捕者が出なくてひと安心です。
これなら、次回はもっと大胆にできるぞ(笑)。

サロメの唇のおふたかたもノリノリでご機嫌だったのも、
ポジティブな磁場が発生した要因だったと思います。
ありがとうございました!

それと、今回のもう一人の主役、
miccaさんもいらっしゃってくださいまして感激でした。
お客さんもポストカードを「かわいい」って言ってくれてました。
ありがとうございました!


イラスト・コンテスト開催!

南越谷OPA 3FにOPENした
セレクトショップ「GIRLS POP ATRIUM」主催の
イラスト・コンテストを開催します。

テーマは「女の子にポジティブなメッセージを!」です。
中学生以上の方なら、どなたでも応募できます。
※プロ・アマ問わず。

最優秀作品はポストカードを制作し、
渋谷センター街入口にある大盛堂書店内で大量に配布します。
あなたのイラストを渋谷の女の子たちにアピールするチャンスです。

詳細はこちら

応募締め切りは2009年12月31日までです。
奮ってご応募ください。


CURTAIN CALL 終了

“CURTAIN CALL” 〜 “AFTER SESSION”と続いた展示・イベントも、
先日、無事終了することができました。

何度もお礼を言っている気がしますが、まだ言います(笑)。
来ていただいたお客さま、ありがとうございました!
関わってくれたスタッフ、出演してくれたミュージシャンの方々、
大盛堂書店さん、そして各イラストレーターさんたち、
本当にありがとうございました!

このイベントは全て心ある人たちの協力によって成り立っていました。

そして、ボクたちが出来る範囲の、とても小さなイベントでした。
きっとそれは誰もが感じていたことだと思いますし、
ボク自身もそう思っています。

ですがそれゆえに、ボクたちの持っている “熱” を
封じ込める事が出来たのだと信じています。
それは具体的に、イベントが暑苦しかった、
という意味ではありません(笑)。
ボク(たち)がどうしたいのかという部分で、
自由にやらせてもらえた、という意味です。

これだけのイラストを前にして、
どのようにまとめれば美しく見えるのか、
楽しく見えるのか、そればかり考えていました。
これだけのイラストを前にして、
それにふさわしい環境を作ってあげなければ、
と、ずっとそればかり考えていました。

それはそうです。
これだけの「ステキな」イラストたちなのですから(笑)!
その思いに背中を押されていたのです。

だからこそ・・・最後まで(主にボクが)無理を通してしまい、
いろいろと迷惑をかけてしまった部分も多かったと思います。
ほぼ全員に迷惑をかけましたが(笑)、
大盛堂書店さん、特に担当の吉田さんには
本当に多大なご迷惑をおかけしました!
すみませんでした!
そして・・・ありがとうございました!

小さなイベントでしたが、結果的に来客もあり、
不思議なくらい評判も良く、
参加者みんなに楽しんでいただけたはずですので、
成功した、と言って良いと思います。
とても小さな成功ですけれど。

SGP自体が小さな企画ですが、
とはいえ一年間、
統一感がありながらバラエティに富み、
渋谷的でありながら何処でもなく、
ポジティブでやさしく、かわいいながら毒もあり、
茉莉枝さんから中村佑介さんに至るまで、
全くクオリティを下げることなくやってこれた、
と自負してます。
全ては協力していただいた
イラストレーターさんのおかげなのですが(笑)。
ひとつひとつのイラストに込められた思いにまず胸打たれ、
それが12枚集まった時に生まれる響き合いに、さらに感動しました。

「新しいオリジナリティ、
スタンダードが生まれてしまったのではないか?」
ぐらいに(笑)。

本当に・・・その哲学・思いに沿って、活かす形で、
イベントを行うことが出来たと思います!

先日のさくらさんのマンガ・レポートもそうですが、
イベントに来てくださったお客さまのコメントで、

「もう終わってしまったのかぁ
夢みたいに、かわゆい素敵なイベントでしたね」

という書き込みを見つけて、
続けてきて良かった、
イベントをやって良かった、
と思いました。

それはもちろん・・・みなさまのおかげです。
間違いありません。

本当に、ありがとうございました!


suzumiki Live at CURTAIN CALL

長きに渡って展開した大盛堂書店さんにての展示も、
先日、5/6をもって終了になりました。

お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました!
関係者のみなさま、本当にお疲れさまでした!

それではいよいよ総評を書こう、と思っていたら、
こんな動画が発掘されました(笑)。

suzumikiさんのSGPCCでのライブ、
4/18(土)のライブの様子がYouTubeで見られます!
http://www.youtube.com/futomomosatisfaction
(ついでに太ももサティスファクションの映像も見られます・笑)

当日の演奏曲全てが、分割アップされているようですが、
ボクが選んだのは6曲目、It’s Too Late、キャロル・キングのカバーです。
個人的にも大好きな曲ですし、噂の寝そべりパフォーマンスも飛び出しますからね(笑)。

SGPの特殊な空間も含めて、ぜひご堪能くださ〜い!


“CURTAIN CALL” マンガでレポート

すでに、この本文を読む前に画像をご覧になった方は
お分かりだと思いますが、マンガでレポートです(笑)。

スゴイですよね?これ。
本当にうれしい、ありがたいレポートです。

このレポートを送ってきてくださったのは、
埼玉県在住、現在21才の女性、さくらさんです。

このカンペキに描き過ぎない感じが(笑)、
臨場感があって、温もりがあって、
ドキドキワクワクがとても良く伝わってきますよね。

携わったスタッフ、
また、ミュージシャンの方もそうですが、
心を込めて描いてくださった、
イラストレーターさん一人一人にも
本当にうれしいメッセージになったと思います。

女の子にポジティブなメッセージが伝わってる!
と実感できました。

個人的には「プルプル」や「ニヤニヤ」のところで大笑いしました。

さくらさん、本当にありがとうございました!
今度は、さくらさんがボクたちにポジティブを返してくださいました。
これからも応援、よろしくお願いします。

大盛堂書店さんで展開中の”AFTER SESSION”も、
残すところ今日明日のみ、となりました。

渋谷にお越しの際は、
ぜひポジティブなメッセージを受け取りに行ってみてくださーい!


AFTER SESSION展示継続中!

現在展示継続中の、
“AFTER SESSION”の様子をお届けします。

“CURTAIN CALL”の時のように、演出部分をコントロールできた、
というワケではありませんが、むしろそれがもたらす、
ちょっとしたカオス!
みたいな感じがステキです(笑)。

こんな風に、
取り澄ました感じの無い、
賑やかさもまた、良いですよね。


大盛堂書店さんの歌 / マロンチック

今日は、4/18のイベント内ライブで披露された、
マロンチックさんの衝(笑)撃の新曲、
「大盛堂書店さんの歌」こと、

「渋谷の中心で愛を叫ぶ〜今日は渋谷で5時(平成版)〜」

の歌詞を掲載してしまいます!
本当は楽曲をアップしたかったのですが、
それはまたいずれ・・・。
見逃してしまったかた、必見です。

マロンチックさんは、ライブ前々日に、
鈴木雅之&菊池桃子の「渋谷で5時」をカバーしようと鼻歌を
歌っていたら、この曲をぱっとひらめいたそうです。

すごい才能とユーモアだと思います。
以下、心して読んでください(笑)!

「渋谷の中心で愛を叫ぶ〜今日は渋谷で5時(平成版)〜」
作詞・作曲 / マロンチック

今日は渋谷で初めてのデート

なのに…雨が降ってきて。
私は急いで駆け込んだの…
ドレスが濡れちゃう
雨宿り

そこは色トリドリの世界が広がる…

本が…手招きをしてる

「あなたが来るまで、少しの時間をキミ(本)と…」

「あなたは一番 誰が好きなの?
きみは何が好きなの?」

渋谷にいるのにパリコレにもドイツにも行ける…岡本太郎とも話せるわ

だってここは、色トリドリの世界が広がる

本が…待っててくれる

「あなたが来るまで、少しの時間をキミ(本)と…」

12頁を…めくる時…
誰かが肩を叩いた…

「お・ま・た・せ (^^;」


Home > EVENT Archive

News Archives
  • 2017 (2)
  • 2016 (9)
  • 2015 (12)
  • 2014 (11)
  • 2013 (6)
  • 2012 (26)
  • 2011 (8)
  • 2010 (42)
  • 2009 (47)
  • 2008 (8)

Return to page top