オタクを手玉に取る!コスキャバ最強接客術@shibuya-gp.jp

コスキャバでのおすすめ接客術

コスキャバでは、普通のキャバクラとはまた違った接客スタイルが必要になってくるの。

それはコスキャバのお客さんが、普通のキャバクラのお客さんとはまた違った雰囲気があるから。コスキャバのお客さんはそのほとんどが漫画やアニメ、ゲームなどなど何かしらのオタクであることが多くて、そのオタクなお客さんに合わせた接客が必要不可欠!

私もコスキャバで働いてた時は、コスキャバ用の接客スタイルを身につけたよ。

今回は、私も現役時代にやってたコスキャバでの接客のコツについて紹介します!

お客さんの好きなジャンルのアニメや漫画、ゲームに詳しくなる

オタクが好きなものを共有したい、自分の好きなものを知ってほしいと思うのは、あなた自身も何かのオタクであれば共感できるかも。

来店するお客さんの好きなジャンルのアニメや漫画について、自分も知っていたら話は盛り上がるかもしれないけど、もし知らなかった場合はそれを知るように努力してみて。

アニメや漫画だったりしたら自分で借りて読むことができる。けど、私のおすすめは、これからも来てくれそうなお客さんだったら、「それ読んでみたいんで今度貸してください!」で次の来店に繋げる。笑

同伴に繋げることもできるしね。もちろん借りたらちゃんと読んだり観たりして感想を言わないといけないけど、アニメや漫画が好きだからそこまで苦労は感じなかったよ。

もし感想に困ったら、好きなシーンや気になったキャラクターに絞って感想を言うのがおすすめ!

知らないものはどんどん質問していく

オタクと言ってもそのジャンルはすごく幅広いから、当然自分が知らないジャンルのものが好きなオタクのお客さんも来店するの。

もし全く知らないジャンルのものが好きなお客さんに当たったら、わからないことはどんどん質問していく!コスキャバでは、って言うかオタクなお客さんを接客する上では、そのお客さん自身に興味を持って質問していくより、お客さんが好きなものに対して興味を持つ方が好かれやすいの。

それに、オタクって自分の好きなものを、それを知らない人に教えることに対して優越感を覚える人が多いしね。

だからコスキャバで働く時は、いつでも好奇心を持ってお客さんの好きなものに対して興味を示していってね。

ただ、のめり込みすぎてお客さんよりそのジャンルに詳しくなると逆にお客さんを嫌な気分にさせちゃう可能性もあるから要注意!

軽めのボディータッチを交えながら会話する

これはキャバクラ全般に言えることなんだけど、会話の時に二の腕や肩に触れたりと、軽めのボディタッチをするとさらに効果的。

特にコスキャバに来店するお客さんは、恋愛慣れしてない人が多いから、軽めのボディタッチや距離感の近い接客が普通のキャバクラよりもかなり効果的なんだよね。

ただ、あまりにもベタベタしすぎると逆効果だから、あくまでもさりげなく。1回の接客で1回、2回触れる程度でOKだよ。特にオタク気質の強いお客さんの方が、こうした接客に慣れてなくてどんどんあなたに夢中になっちゃうかも。

相手の好きな作品を否定するのは絶対NG!!

コスキャバで絶対にやっちゃいけないのが、相手の好きな作品を否定すること!

誰だって自分が好きなものを貶されたら嫌な気分になるよね。特にオタクなお客さんは、その作品に対して並々ならぬ愛情を注いでる人が多いから、それを否定するのはNG!

そのことで怒り出すお客さんもいるし、少なくとも自分の好きなものを否定してきたキャバ嬢のところにまた行こうと思うお客さんはいない。

次の来店に繋げるためにも、お客さんの好きなものは毛嫌いせずに、まずは受け入れて、興味を持ってみる。その結果ハマらなかったとしても、否定は絶対にしない。そのことに気をつけて接客してみてね。

そうすることで、お客さんをどんどん自分に夢中にさせていくことが、コスキャバでの接客ですごく大事なことなの。