都内のコンセプトキャバクラが多い地域の特徴@shibuya-gp.jp

都内のキャバクラの地域ごとの特色

一言にキャバクラって言っても、その街ごとの特色ってかなり違うんだよね。

飲食店でも地域によって特色が違うっていうのはよくある話だけど、特にキャバクラは顕著!

ひとつ駅を隔てるだけで、お店の雰囲気は全然違ってくるの。

キャバクラって、お客さんのニーズに合わせた接客スタイルや経営方針で営業してるお店がほとんどだから、その街や駅に訪れるお客さんの雰囲気が大きく影響する。

コンセプトキャバクラとなるとそれはなおさらの話で、コンセプトキャバクラがウケる街には当然コンセプトキャバクラが多い!
ここでは、特にコンセプトキャバクラで働きたいと思ってる人向けに、コンセプトキャバクラの多い街の特徴について紹介していくね。

秋葉原

オタクの街として有名な秋葉原は、メイドカフェも多いけどコンセプトキャバクラもかなり多い。

イメージから想像つく人も多いかもしれないけど、まさにコスプレ系のコンセプトキャバクラが多いんだよね。

メイド服はもはや定番。アニメ系のコスプレや学生服、和服などなど、いろんなコスプレで接客するキャバクラがすごく多いから、店内はすごく賑やか!
特に秋葉原は男性オタクが多いから、アニメのキャラクターになりきる演技力やアイドルみたいな可愛らしさがあると人気が出やすいよ。某会いに行けるアイドルの聖地も秋葉原だしね。

池袋

池袋もオタクの街として知られていて、コスプレ系キャバクラは多め。

とはいえ、秋葉原に比べると若いオタク層が多い街だから、価格帯はリーズナブルで、お客さんもキャストも若い年齢層が中心になってるよ。
コスプレ系キャバクラも、趣味の範囲内で楽しめるようなカジュアルな雰囲気のお店が多いから、カジュアルに働けるお店が多い傾向にあるかな。

それから、コスキャバの他にセクキャバショーキャバも意外と多い!

そのお店じゃないと楽しめないシステムを用意してるお店が多いから、お客さんもキャバ嬢のファンっていうより、そのお店のファンが多いっていうイメージかな。

新宿

コンセプトキャバクラの中で、新宿は特に年齢層が高めのサラリーマンのお客さんが多いから、セクキャバが多い傾向にあるよ。

セクキャバっていうのは、性的なサービスもOKなキャバクラのことで、新宿ではコスプレやショーよりも、エロの方が需要があるみたい。

コンセプトキャバクラの範疇で言うとセクキャバが多いけど、他にも普通のキャバクラもたくさんある街だよ。特に新宿と言えば歌舞伎町。歌舞伎町はカリスマキャバ嬢がたくさん働いていて、リーズナブルなお店から高級キャバクラまで様々あるから、もはや観光スポットのひとつにもなりつつあるの。

定番のキャバクラで働きたい人にもぜひおすすめの街だね。

上野

上野も実はキャバクラが多い街で、特に年齢層が高めのキャバ嬢や、副業目的のキャバ嬢が多め。そのことから、普通のキャバクラはもちろんだけど、セクキャバも実は多い街なの。

そういう意味では新宿と似通ってる部分はあるけど、上野は新宿に比べると比較的カジュアルな雰囲気。新宿が高級、上野がカジュアルな雰囲気っていうイメージが正しいかも。

特に年齢を気にせずに、夜のお店で働きたいと思ってる人には上野はおすすめ。

お客さんのほとんどが上野が地元っていう人だから、上野在住じゃない人にとっては身バレの可能性が少ないっていうのもいいところだね。

渋谷

 

最後に渋谷。渋谷は若者の街として有名で、一般的なイメージとしても若者、特に陽キャやパリピが多いっていう印象が強いかも。

そのイメージはキャバクラにも通用して、渋谷のキャバクラは特にお客さんもキャバ嬢も若い人が中心なの。

普通のキャバクラもリーズナブルで、若いお客さんでも通いやすい!

コンセプトキャバクラで言うとセクキャバやショーキャバが多め!特に、若いお客さんでも入りやすいようなカジュアルな雰囲気のお店とか、リーズナブルなお店が多いのが渋谷の特徴だね。

コスキャバもあるんだけど、どちらかと言うとメイド系とかアニメ系とかのオタク色の強いコスプレじゃなくて、バニーガールとかのエロ系コスが多い。

若いお客さん、非オタでも楽しめるコンセプトキャバクラが多いのが、渋谷のキャバクラの特徴だよ。